×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メディア
映画『素人の乱』特設情報ページ
映画『素人の乱』

映画『素人の乱』特設情報ページ
”素人の乱”を素材にしたドキュメンタリー映画「素人の乱」の上映情報などを掲載するページです。
2008/7/30更新
    の  解  説
北中東京、高円寺の北中通り商店街に突如あらわれた<素人の乱>。 リサイクルショップ、古着屋、カフェ、飲み屋など次々と仲間たちが店をオープンし、シャッター街化の危機に瀕した商店街は、いまは深夜まで多くの人たちで賑わう。<素人の乱>の首謀者の1人で、リサイクルショップ5号店店長を務める松本哉は、法政大学在学中<法政大学の貧乏くささを守る会>を結成した張本人でもある。彼は大学校内に鍋を持ち込むなどユニークな闘争方法で大学のブルジョワ化に猛反発したという経歴をもつ、知る人ぞ知る活動家であった。友人の山下陽光らと共に<素人の乱>を立ち上げた松本哉は、その活動を通じて、生活圏に根付いたコミュニティの独立と自治を主張し、上から勝手に押さえつけられる規律や常識に独自の手段で抵抗を続けている。「PSE法反対デモ」、「家賃をタダにしろデモ」、「3人デモ」、「高円寺一揆」と数々のとんでもない大騒ぎをぶちあげてきた松本哉と<素人の乱>の仲間たちの1年間に密着したアナーキーで、ハートフルで、コミカルな“革命後の世界”を記録したドキュメンタリー。

映 画 に よ せ て
宮沢章夫の「東京大学「ノイズ文化論」講義」でも紹介された「WE ARE THE THREE(ONLY!)」、通称「3人デモ」をYouTubeで見たことのある人なら、みんな知ってると思うが、そのムービーは「つづく。」という字幕で終わる。
警察をほとほと呆れさせ、かたや「前衛的だ」とも評された、この「3人デモ」はいったい、何のデモだったのか? そして彼らはいったい、誰なのか? あれから一年……、この謎が遂に解き明かされる。そう、その「つづき」が、この映画「素人の乱」である。この映画こそ、その待ちに待ってた本篇なのである。 

「たいへんだ!たいへんだ!とんでもない映画がはじまる」

なにがそんなに「たいへん」なのかはいずれ歴史が証明してくれるだろう。これから起きることのすべてはこの映画からはじまった、と。これがたいへんじゃなかったら、ほかにいったいなにがある。すでに伝説となってるあの「高円寺一揆」の現場に立会いそこねた人は、今からでもまだ間にあうので、今のうちに、この映画を見ておいた方が身のためだと思う。とにかく、まずは、見よ、呆れよ、そして、可笑しければ笑いたまえ、である。泣いても笑っても、これが“革命後の世界”であり、“もうひとつの可能な世界”なら、もうとっくにそこにある。どこに?いまは、高円寺に、そしていずれはあらゆる場所に。

イルコモンズしるす

■上映記録

2007年 12月24日 福岡クリスマス粉砕集会前上映2007年 7月7日  下北沢アルカデロ 覆面上映会
2007年 9月16日 東京 飯田橋ポエトリーインザキッチン 「東京公式お披露目上映会2DAYS」
2007年 9月17日 東京 ネイキッドロフト
2007年 10月6日 素人の乱 セピア 凱旋上映会
2007年 11月11日 大阪通天閣下鍋上映会
2007年 11月18日 札幌ATTIC デモ上映会
2007年 12月5日〜20日 ドイツ巡業上映ツアー
2007年 12月24日 福岡クリスマス粉砕集会前上映
2008年 1月10日〜20日 大阪「ビデオランデブー:映像の現在」 にて上映
2008年 2月23日 奈良上映会 「喫茶ちろろ」にて。
2008年 2月24日 京都上映会 イベントスペース「西海岸」にて。
2008年 3月19〜23日 夕張国際ファンタスティック映画祭 シアターフォーラム部門に出品 (「素人の乱」は22日14時より上映)
2008年 4月26日京都 27日大阪 市民社会フォーラム第41回例会のご案内
映画「素人の乱」上映と松本哉トークライブ /京都例会(ACORN'S VILLAGE共催)  会場:京都 ACORN'S VILLAGE (エイコンズ・ビレッジ)  大阪 Lily 〜Free Art Space〜
2008年6月21日土 松本哉著作出版記念イベントでの上映 17時〜20時 (16:30開場) 墨田区の現代美術製作所主催

■今後の上映予定
未確認